Go to Top

JAPANESE 日本語

リーダーとして、日本と欧米の文化の橋渡し役として働いているのであれば、非常に困難な挑戦に直面しているかと思います。価値、コミュニケーションの仕方、振る舞いの根本的な相違 は、いとも簡単に相互の誤解、信頼の喪失、そして衝突をもたらします。企業内であれ、社外の顧客との関係であれ同様です。

そのギャップは橋渡しが不可能かのように写ります。よく見られる問題は何でしょうか。

日本人にとって、欧米の企業行動は強引で短期的だと見られています。欧米の考え方は大きな戦略的な絵を描くことに重点を当てますが、日本人には非常に慌しく、また重要な細部が無視されると感じられています。日本人の見方では、欧米のビジネスリーダー達は人間関係を重視せず、また幅広いグループ、チームの大多数の見解に耳を十分に傾けたり敬意を示したりしていないとされています。

同時に、欧米人にすると、日本人の行動は非常に堅苦しく、遅く、そして決断力に欠けると感じられています。欧米の視点から見ると、日本人のビジネス思考はすぐに行動を取り、前へ進めるの換わりに、明確さに欠け、さほど重要でない細部を気にしすぎる傾向があり、無数の選択肢があり、全員で議論する、と捉えられています。

どちらが正しいのか?欧米と日本、いずれの文化的視点そして仕事の仕方も、強みと弱みの両方を抱えています。そしてその下の人間的なレベルにおいては、考えられているよりもずっと多くの共通点と善意があるのです。

あなたが日本の外資系企業であれ欧米の日本企業であれ、会社をリードするための成功への鍵は、善意を活用し、強みを活かし、他の視点を理解するために一歩身を引いてより一所懸命仕事に取り組むことにあります。そのためには、全く異なるレベルの柔軟性、適応性そして忍耐力が必要になります。つまり、ビジネスの成功を達成するための、共通の視点を探すことです。

ピクルス スチュアートは、ユニリーバの駐在員として日本で4年間働いた経験を持ち、日本語に堪能です。合計25年に渡る業界、経理部長、そしてコーチングの経験により、スチュアートはその文化を越えた意識で、文化ギャップに踏み込み、橋渡しをすることを実現します。ビジネスで優れた業績を出すために、根本的に違ったレベルでの調整と協調を実現にします。

 

 

ENGLISH 英語

As a leader, if you are working at the interface between the Japanese and Western cultures, you are facing some very difficult challenges.    Fundamental differences in values, communication style and behaviour can very easily result in misunderstandings, loss of trust and even conflict – either within the business itself, and/or in external customer relationships.

The gap can seem impossible to bridge.   What are the common issues?

  • Western business behaviour can be perceived by the Japanese to be aggressive and short term focused.  Western thinking focuses on the big strategic picture, but to the Japanese it can seem too rushed and that important details are ignored.   The Japanese perspective is that Western business leaders place insufficient importance on relationships, listening and respect for the consensus view of the wider group or team.
  • At the same time, Japanese behaviour can be perceived by westerners to be very formal, slow and indecisive.    From the western viewpoint, Japanese business thinking can seem to lack clarity, too concerned with minor details, countless options, discussing and involving everyone, instead of just taking action and moving on.

Which is right?  The truth is, both Western and Japanese cultural perspectives and ways of working have strengths and weaknesses.    And underneath, at a human level, there is much more common ground and good intention than it sometimes seems.

Whether you are leading a Western company in Japan, or a Japanese company in a western country, the key to success is to harness the good intent and leverage the strengthsto step back and work harder to understand the other perspective.   It requires a totally different level of flexibility, adaptability and patience – to find a shared perspective of how business success can be achieved.    Otherwise, misunderstanding, lack of trust and inappropriate behaviour will seriously undermine business performance and results.

Stuart Pickles spent 4 years living and working in Japan for Unilever, and became fluent in Japanese.  Together with his 25 years in industry, CFO and coaching expertise and experience, Stuart’s cross-cultural awareness means that he has unique ability to step in and bridge the culture gap;   to enable reconciliation and collaboration at a fundamentally different level, and so achieve business results.